オーストラリア・ウルル旅行 / Uluru, Australia

ちょっと前の旅をまとめていきたいと思います。
パースを出た私たちが向かった先は、
ケアンズに居たときから「行きたいね!」と
話していた“ウルル/エアーズロック”です。

ホワイトボードに日程を書き込みながら
宿や飛行機の予約をしていたのにも関わらず、
ウルルから出発する日を1日間違えて予約してしまい、
ウルルでの滞在時間はなんと24時間!

「足りないぐらいが ちょうどいい」という
私のモットー?にはぴったりな時間でした…笑

パースを5月9日になった瞬間の夜中に出発し、
シドニーで乗り継ぎエアーズロック空港へ。
私の重すぎるスーツケースのタイヤの部分はきっと
この時に壊れてしまったに違いない…。

※飛行機に乗ってスーツケースが手元に戻ったら、
ぐるっとスーツケースの状態を確認するようにする!
→今までしたことなかった~!


~ Uluru 2days trip ~

24時間でウルルとカタジュタを満喫の旅


小さいエアーズロック/コネラン空港の目の前から
各ホテル行きの無料シャトルバスが出ています。
看板を確認して、いざ出発!

エアーズロックリゾートには何個かホテルがあって、
私たちは唯一ひとつだけあるバッパーズホテルに予約していました。

お昼ごろに到着の便だったので、
そのままYHAにチェックイン!

4人部屋だけど、残り2つのベッドは空いたままだったので
洗濯紐を広げて、たくさんのスペースを使えてラッキーでした♡

荷物を置いて…この時にスーツケースが壊れていたことが、発覚!
とりあえず、スーツケースからパースで買っておいたレーズンパンを取り出し、
予約しておいたレンタカーを借りて、ウルルへ出発!

明るいうちに、お決まりの構図でウルルと写真をとり、
ウルルの周りを車でぐるっと一周できて、
写真では見たことのない表情のウルルが見えるんだけど、
そこは“センシィティブ ゾーン”になっていて写真を撮るのが禁止。

カメラを構えた瞬間にほかの観光客に注意されました←
写真に撮れないところの岩肌がすごかったのに~。
って、みんなウルル登るときはどこから登るんだろうか…。

f:id:yuo3o5:20190619101052j:plain

ウルルを後にして、カタジュタに向かいます。

カタジュタの風の谷をお散歩。
スニーカーをシェアハウスに忘れたヒラクさんと
スニーカーを持っていたのに履き替えるのを忘れた私は
二人ともサンダルです…。

ゴツゴツ、コロコロした道をサンダルで歩くのは大変でした。
(あたりまえ)
これから行く方はスニーカーに履き替えることを忘れずに!☆

f:id:yuo3o5:20190619101057j:plain

サンセットはカタジュタとともに…。
地味だけど、幻想的な風景が目の前に広がっていました。

ウルルとカタジュタ周辺はハエが本当に多かったです!

ディナーは、レストランで。
唯一あるスーパーマーケットIGAにでダクトテープは品切れ。
試しにポストオフィスに行ってみたら…ありました!
何種類かあったので一番ストロングなものを購入し、
スーツケースを修理しました。
いい感じ!

2日目は朝日が昇る前に出発!
しばらくしても駐車場に私たちの車しかいなかったので
ポイントが外れたか?と心配していましたが、
キレイなウルルとサンライズを見ることができました。

朝晩は気温が9度前後なので、温かい服装がおすすめです。

お昼の便で次の目的地に出発です!
24時間しか滞在時間がないって、
「せっかくのエアーズロックなのに短すぎたか…?!」と思いましたが
私たちにはちょうどいいぐらいの時間でした。

個人的にはウルルより、遠くから見たカタジュタのほうが好きかも…

f:id:yuo3o5:20190619101458j:plain

写真はインスタにもポスティングしてますので、
#hira_yuki_trip で検索してください。

次の目的地は、ホバート/タスマニアです!

ウルル カタジュタ エアーズロック ユキノ yukidresser
ウルル カタジュタ エアーズロック ユキノ yukidresser
ウルル カタジュタ エアーズロック ユキノ yukidresser
ウルル カタジュタ エアーズロック ユキノ yukidresser
ウルル カタジュタ エアーズロック ユキノ yukidresser
ウルル カタジュタ エアーズロック ユキノ yukidresser
ウルル カタジュタ エアーズロック ユキノ yukidresser
ウルル カタジュタ エアーズロック ユキノ yukidresser
ウルル カタジュタ エアーズロック ユキノ yukidresser