クラクフで歴史を感じる約5日感の旅【アウシュヴィッツ・シンドラー工場】

こんにちわ、ユキノです。
タリン1か月滞在を終え、ポーランド第3の都市・古都クラクフに約5日間滞在しました。
役に立つ “ ちょこっとMEMO ” も合わせながらクラクフの旅をサクッとまとめていきます⌒**

0日目 移動日

明るい時間の夕方にクラクフ空港に着く予定でしたが、クラクフ空港が霧に包まれ、隣のカトウィザ空港へ飛ぶことになりました…。
飛行機の下は真っ白だし、3周ぐらい旋回してて「降りれないのか…」と思っていたら、まさにその通り!
何回も飛行機持ってるけど…初体験でした。

ヒラクさんとは席が離れていたので隣のおじさんに「カトウィザからクラクフまでどうやって帰ればいいの?」聞いてみたら「多分バスだと思うよ」と。
カトウィザ空港に降りたら、どうやらクラクフ行きの飛行機が何機もこちらに来ていたようで、やや混乱。

f:id:yuo3o5:20200125033023j:plain

気温はマイナスだし、空は暗くなってきたし、どのバスに乗ればいいのかわからない。
乗っていたライアンエアーのほかの航空会社が手配したバスには乗れないし(搭乗券の確認あり)、どのスタッフに聞いても「このバスじゃない」と言われる…。

結果、3時間ぐらい待ってバスに乗れて、クラクフ空港まで2時間ぐらいだったかな。
クラクフの宿に着いたのは21時過ぎ、22時まで営業している近くのギャラリアクラクフ(ショッピングセンター)でご飯を食べて早く寝ないと明日は早いぞ~!

ちょこっとMEMO*
ギャラリアクラクフは22時まで営業してます。
レストランもあるしフードコートもありますが遅くても食事をするなら21時30分ぐらいまでに行ったほうがいいかも。

1日目 アウシュヴィッツ第一強制収容所

7時30分からアウシュヴィッツ強制収容所のチケットの予約をしていたんです…。
チケット予約はオフィシャルウェブサイトから↓

auschwitz.org

ちょこっとMEMO*
メインの時間でない早朝と夕方はガイドツアーなしで無料で入れます。

クラクフからバスで1時間30分ぐらいなので始発のバスに乗ります!
バス停がギャラリアクラクフ直結のバスターミナルです←雑

ちょこっとMEMO*
ギャラリアクラクフまで行けばバスの絵の看板でてます♥

バスステーションからオシフェンチム行きの始発は6時20分。
チケットはまだ買ってなかったので早めにバスターミナルに行ってチケットを買います。
5時50分ぐらいにバスターミナルに着くように行ったらチケットカウンターは6時からでした…

f:id:yuo3o5:20200125034618j:plain
f:id:yuo3o5:20200125034639j:plain

ちょこっとMEMO*
4番の窓口が最初に開きました。
“アウシュヴィッツ“はドイツ語なので、バスはオシフェンチム行きまたはオシフェンチム・ミュージアム行きです。

バスで爆睡し、アウシュヴィッツ強制収容所に到着⌒!

f:id:yuo3o5:20200125033151j:plain

ちょこっとMEMO*
大きい荷物は預ける必要がありますので荷物は小さくしましょう。
預け代は4ズロチ(約132円・クレジット払い可)。

ぐるっとまわったけど、胸がいっぱいで言葉に出来ない、笑顔になる場所ではない…。
収容されていた人たちが暮らしていた建物の中が資料館になっています。

ここに来る前に関係のある映画をたくさん見たんだけど、移動と寒さの疲れも相まって、心も体もしんどかったです…。
暖かい時期にゆとりのあるスケジューリングがおすすめです。

無料シャトルバスでアウシュヴィッツ第二強制収容所ビルケナウも行けるのですが、気分が乗らず、クラクフに帰ってきてから調べていたら…。
映画でよく見るシーンはアウシュヴィッツ第二強制収容所ビルケナウのほうだったんですねー…!

ちょこっとMEMO*
アウシュヴィッツ第一強制収容所とアウシュヴィッツ第二強制収容所ビルケナウ間は無料シャトルバスが出ています

でも、あの瞬間は本当に心がいっぱいだったし、体力も限界だった。
ヒラクさんと相談してもう1日アウシュヴィッツに行くことにしました。

2日目 クラクフのオールドタウン・ヴァヴェル・ユダヤ人街の散策

疲れを引きずりながら遅めに起きてクラクフのオールドタウンの街歩き⌒♪*

f:id:yuo3o5:20200125033225j:plain

クラクフのオールドタウン・ヴァヴェル・ユダヤ人街は1日でもまわれるぐらいコンパクトになってます。

ヴァヴェルにはステキな大聖堂があります。

f:id:yuo3o5:20200125035258j:plain

オールドタウンからユダヤ人街まで歩いて行くと、ちょっと雰囲気というか空気感が変わったような気がしました。
気のせいかもしれないけど…。

f:id:yuo3o5:20200125033252j:plain

「暗くなったら治安が悪くなりそうだな」という印象でした。
ネット情報で「古い建物におしゃれなお店が入ってお洒落な若者が集まるようになってきた」とあったみたいですが←ヒラクさん情報
二人そろって「そんなことなかったよね?!」
数件はお店がありましたが…なんか近づけない雰囲気あったな~…笑

ちょこっとMEMO*
クラクフではUberのほかに “ FREE NOW ” という配車アプリがあります。
料金はそんなに高くないので暗くなったらタクシーを使うのもおすすめです。

3日目 アウシュヴィッツ第二強制収容所ビルケナウ

午前中はポーリッシュ食器などを手に入れるためにオールドタウンにお出かけし、昼過ぎからまたオシフェンチム行きのバスに乗り、無料シャトルバスに乗ってアウシュヴィッツ第二強制収容所ビルケナウに向かいます。

線路がくぐる有名な建物は修復工事中でした…。

f:id:yuo3o5:20200125033408j:plain

収容されていた人たちが生活する建物や破壊されたガス室、終戦後に作られた記念碑、風になびく縞模様の旗。

f:id:yuo3o5:20200125033432j:plain
f:id:yuo3o5:20200125033449j:plain

アウシュヴィッツ第二強制収容所ビルケナウには資料館などないのでみるだけ。

ちょこっとMEMO*
アウシュヴィッツ第二強制収容所ビルケナウはチケットがなくても入れそうです。
歩く場所が土なので汚れてもいいスニーカーにしましょう。

4日目 旧オスカー・シンドラー琺瑯(ろうほう)工場

間違えてツアーのチケットを予約していました…

ちょこっとMEMO*
DiscoveryCracowの英語で施設内のツアー2時間ぐらいで一人63ズロチ(約2079円)。
ガイドさんの目印は小さく赤いプラカードです。

f:id:yuo3o5:20200125035902j:plain

ガイドさんの言葉が100%理解できてたらとっても勉強になったんじゃないかなと思います。
必至にくらいついてみたけど、脳みその回転が追い付かなかった…。

f:id:yuo3o5:20200125033624j:plain
f:id:yuo3o5:20200125033628j:plain

ガイドツアーの予約はこちらからしました↓

experiences.booking.com

映画「シンドラーのリスト」の世界観が味わえるのかなと思っていましたが、がっつり歴史関係の資料や当時の家具などが展示されていました。

ちょこっとMEMO*
ツアーは人気なので早めのよやくがおすすめです。
私たちは2日ぐらい前に予約したら時間変更の連絡がありました。

当日にカウンターでチケットを買うこともできます。
ツアーでないので大人一人25ズロチ(約825円)です。

5日目 クラクフ空港からアテネに移動

クラクフは物価が安く、外食やカフェも行きやすいかな~と思います。
カフェで紅茶(ポットで2.5杯分ぐらい)とケーキで19ズロチ(約627円)

f:id:yuo3o5:20200125044525j:plain

プリペイドSIMは “ orange ” の6GBで5ズロチ(165円)を使っていました。

クラクフに訪れる前に見た映画

タリン滞在中にヒラクさんと二人で毎晩映画を観ていました。
たくさん観ると違う作品でも繰り返し出てくる名称や単語が、頭の中でどんどん繋がっていくので勉強になりました。

        

↑ どれもおすすめですが…
「縞模様のパジャマの少年」「手紙は憶えている」「否定と肯定」「ハンナ・アーレント」「シンドラーのリスト」が、よかったかな~。
うん、どれも全部見て欲しい!笑

これだけ見ても、実際にアウシュヴィッツ強制収容所に行くと、まだまだ疑問に思うことがたくさん出てきました。
締めに何かもう1作観たいな~と思っていますが、もういっぱいいっぱいです…笑

これからクラクフへ行かれる方のスケジューリングの参考やちょこっとMEMOが役に立てたら嬉しいです
以上、クラクフ約5日間のサクッとまとめシェアでした*
クラクフ 観光 アウシュヴィッツ アウシュビッツ クラクフ 観光 アウシュヴィッツ アウシュビッツ クラクフ 観光 アウシュヴィッツ アウシュビッツ クラクフ 観光 アウシュヴィッツ アウシュビッツ クラクフ 観光 アウシュヴィッツ アウシュビッツ
アンケートモニター登録
クラクフ 観光 アウシュヴィッツ アウシュビッツ クラクフ 観光 アウシュヴィッツ アウシュビッツ クラクフ 観光 アウシュヴィッツ アウシュビッツ クラクフ 観光 アウシュヴィッツ アウシュビッツ クラクフ 観光 アウシュヴィッツ アウシュビッツ
「いいね!」「役に立った!」「行ってみたい!」と思ったら↓のボタンからfacebooktwitterでシェアしてくださ~い:-)